日々の雑記帳

日々のことを気ままに書いていきます。
サイドバーの下のほうにtwitter、晒しています。


お気に入りのかたのRSS
(↑別のタグもしくはウインドウが開きます)

記事の内容に伴わないご用の際、もしくは誰にも知られずに私にメッセージを送りたいときは、サイドバーの『かずちゃんへのメッセージ』からお送りくださいませ。
私からの返信が必要なとき以外は、メールアドレスは不要です。

カテゴリ:私の内側 > 考えたこと/想ったこと

職場の彼の御仁は、何があっても変わるつもりはないらしい。クライアントのうちらの直属のかたが変わる。ものすごく厳しい、、、っつーかチョー面倒くさいひととのこと。それでも、変わるつもりはないらしい。その意思は固い。それを現在の直属のかたの目の前で、宣いました

その自尊心と同等の努力をすれば、すごくできるひとになるんだろうにね。その大きすぎる自尊心ゆえに出来ないことを認めたくないのか、自分から学習しようと、、、ひとに自発的に教えを請おうとしない。そして、こっちから丁寧に教えてくれないことを責める。そして、ひとの

ライブラは、正義の女神アストレアがその手に持つ正邪を計る天秤。であるが故に、気質は争いごとを嫌い、調和を好み、保とうとする。その女神アストレアがもう片方の腕に持つは、不義を断つ長剣。ただ、争いごとを好まない気質なので、その長剣を振り下ろすことはまずしない

いや、正しくは不遜すぎるひと。 教えるときに私が丁寧に分かりやすく教え、かつ上からの信頼から意見が通りやすいのではと分かると、おべっか、、、なのかな、愛想良く丁寧に接してきてた。猫をかぶっているのが、私が気付いているとも知らずに。まあ、気付いている

公私ともにあるのだけれど、とりあえず、私事(わたくしごと)のほうは置いておく、答え(らしきもの)が見つかるまで。んで、公のほう。ひとり辞める。そっちのほう。どうすっかな。厳しく接していたのも、彼を育てて後釜に据えて、辞める算段でいたからで。そしてそうなると、

最初の教え方の問題。気の弱い、元々自信のないひとが、初めての職で大上段から「そんなんじゃダメだ」と「それでいいのか」と否定的に責められて教えられ続けたせいだよ。そんなんじゃ、逐次ビクビクしていて、憶えられることも憶えられやしないし、それが常態化する。そし

Windows7とWindows8.1からのWindows10への無償アップグレードが7月29日で終わります。 これで「またマイクロソフトが急に」ってのは論外。 マイクロソフトは当初から"1年"と言ってます。 もちろん、その後は有償ですね。 なんでこゆことを書いたかというと、Windows10へのア

週に1回くらい、こゆ時間が必要であると認識したわ。ただただ、何をするでもなく、何を考え、何を求めるでもなく、ただただ、部屋の灯りすら消して、感じる揺らぎに、身を任せる時間が。ぬるめの湯船に1時間以上の浸かってた。まさか、その最中に地震とは不意を突かれたけど

もうひとつ想いだしたこと。元々が、私は闇属性に近いところを好んでいた傾向にあるのに、ずーっとまばゆい光の下に居すぎたようだわ。いま、抱え込んでいた存在すべて一旦放して、こうやってMonitorの灯りのみでビール。とても、、、とても落ち着く。でも、くどいようだけど

って言っても、きっとツイートとかはしていくです。減るのは、TwitterのReply等です。もちろん、名指し(DMや私のツイートへのReply、ここへのコメントなど)には反応します。でも名指しではないものについては、約束していたものが伺えなくなったときの連絡等、必須のものを除

↑このページのトップヘ